MINI のエアクリーナーならNMエンジニアリング|交換方法とフィーリングです

エアクリーナーサムネイル29586748カスタム・洗車
スポンサーリンク
Pocket

BMW MINI 乗りなら大好きでしょう! 「NMエンジニアリング Hi-Flow Induction Kit」

こんにちは、コプリンです。

過去記事でも触れている、
”BMW MINI”社外品エアクリーナー交換なのですが、

以前の記事では「K&N製純正交換タイプ」
をメインに取り上げました!

【K&N エアクリーナー交換の記事】

BMW MINI R56 に【K&Nエアクリーナー】画像付き交換方法!
BMW MINI は、オシャレなルックスを活かした様々なカスタムパーツがありますよね。"走りも楽しいBMW MINI"なのですから、走りもドレスアップしましょう!お手頃で効果抜群の"エアクリーナー"を、 K&N製に!10分でできます...

 

 

”街乗りにはピッタリ”の「K&N製純正交換タイプ」
エアクリーナーです。是非参考に!

過去記事内でも触れているのですが、
純正エアクリーナーを基準にもう一度比較してみます。

「K&N製エアクリーナー」と「NMエンジニアリング製エアクリーナー」の比較

あくまでもわたしの”私感的体感”ですが、
しっかりと乗り比べてみました!

低速中高速トルクパワー特徴
MINI純正純正品の安心感、バランス良く各機器に負担が少ないはず
K&N製低速域でのレスポンスは一番か?こちらもバランスが良い
NM製パワフルさは一番、レスポンスも良く吸気音はスポーティー

 

MINI純正を基準点にしているだけで、
性能が著しく劣っている訳ではありません!

【比較検証からの結論】

総括するならやはり、”街乗り”ならバランス良く「K&N製純正交換タイプ」
”高速道路やスポーティーな走り”には「NMエンジニアリング製エアクリーナー」
と言ったところでしょうか。
「K&N製」はとにかくバランスが最高です。
どの速度域でもストレスが無く、快適でしょう。
「NMエンジニアリング製」低速域(20~30㎞以下)レスポンスにやや”もっさり感”があります。
しかしアクセルを踏み込んで直ぐの速度域だけで、
それを補って余りある”パワフル感””プシュッ”と吸気音
本当に楽しい走りを演出してくれます。

わたしのおススメは、
”走行形態によって取り換える”です!

 

スポンサーリンク

カンタンだから”走行形態で取り換え”をおススメします 「NMエンジニアリング Hi-Flow Induction Kit」取り付け方法

慣れれば所要時間10分程度です!
”ドライブの前に”充分できますよね!

NMエンジニアリング21079

準備する工具類T-20トルクスドライバー、マイナスドライバー、タイラップ

 

工具が少なくて済むのも、
カンタンな理由!

純正エアクリーナーボックスの取り外し方法

ホース抜く場所111156

上記写真は純正エアクリーナーボックスの上に、
「NMエンジニアリング Hi-Flow Induction Kit」を置いたものです。

各世代のMINI専用に作られたエアクリーナー、
取り付けがカンタンな大きな理由です! 

最初に赤○部分ふたつ、ホースとノズルを取り外します。

ホース抜く純正221000

ふたつとも手で引っ張れば外せます

純正エアクリーナーホース抜く31978

 

工具が少なくても取り付け可能!

止めビスの場所31118

次に赤○部分トルクスビス(T-20)があります。
ビス止めされているのはこの場所だけなので、
取り外しましょう。

止めビス矢印33332

近くに寄った写真です。
赤→部分にビスが見えまね。

このビスは全部抜かなくてもOK!
ボックスが上に動くようになれば取り外せます!

ホースバンド外す4456

 

赤□部分車両先端部分のホースバンドを緩めます。
黄色○部分マイナスドライバーを使って緩めて行きます。

ホースバンド類も完全に外さなくてOK!
ホースが抜ければいいのです!

エアダクトホース21978

 

敢えて難しいと言えばこの部分!
エアダクトホースからボックスを抜き取ります!

エアダクトホース(写真下部の赤○部分)はそのままにしておいて、
エアフィルターボックスのみを取り出します。
エアダクトホースは外部からフレッシュな空気を取り入れるホースなので、
むき出し型エアクリーナーNMエンジニアリング Hi-Flow Induction Kit
とは言え重要なパーツです。

少しでも冷えたフレッシュな空気を!
その理由は?

【(むき出し型)「NMエンジニアリング Hi-Flow Induction Kit」の欠点】

「NMエンジニアリング Hi-Flow Induction Kit」のようなボックスに収まらず、エンジンルーム内で外気に直接触れるような形状のエアクリーナーは、「むき出し型」「キノコ型」と呼ばれています。その形状や特徴そのままに。表面積の大きさや、直接外気に触れるので当然吸気効率は良くなりますね。エンジンの燃焼サイクルには空気は欠かせませんので吸気効率が良いのはいいのですが、問題になるのは”空気の温度”温度が上がるほどに、エンジンの馬力は下がってしまうのです。それを補う「遮熱盤」「冷却装置」もあるのですが今回は割愛しましょう。
取り外した純正エアクリーナー432
後は上に引き上げれば取り外し完了です。
エアクリーナー取り外し画像332
これがエアクリーナーボックスを取り外した、
エンジンルーム内の写真です。
この状態から”取り付け開始”しましょう!

「NMエンジニアリング Hi-Flow Induction Kit」取り付け方法

NMエンジニアリング21079

 

先ずはある程度形に沿わせて、
「NM製エアクリーナー」を置きましょう!

NMエンジニアリングホース刺す3321

形状がよく似ているので、取り付け箇所もある程度察しがつきます。
純正と同じように車両先端部分のホースバンドを、しっかりと取り付けましょう

エアホースはしっかりと止めましょう!
ねじれやエア漏れは、性能を落としてしまいます!

ホース類をしっかりさす22956

取り外したノズルホース類をキッチリと取り付けましょう。

当たり前ですが、同じ場所にキッチリと!
写真を撮ったり、メモしておくと便利ですよ!

エアクリーナー結束バンド5554

【ここはポイント!(写真赤○部分)ホースはタイラップで固定を】

写真赤○部分(車両先端部分の細い方のホース)は中古品購入のためでしょうか。
若干ゴムホースの締め付けが緩くなっています
空気を多く送り込むための機構ですので、エア漏れは厳禁ですよね。
新しい製品なら問題ないのかもしれませんが、
どちらにせよエア漏れのチェックをして、対策はして下さい

 

エアクリーナー結合部分1112

MINI専用に設計されている「NMエンジニアリング Hi-Flow Induction Kit」。
写真赤○部分固定用のビスが通る様に作られています。
ビスで固定しなくても良いほどに、しっかりとフィットします。

頻繁にエアクリ交換するわたしは、
ビス無しで使用していますが問題ありませんよ!

結束バンドエアクリーナー34958

 

ビスで固定するより、
タイラップでの固定がおススメです!

エアクリーナーはエンジンとつながって振動しますから、
”ある程度の固定”はした方が安心でしょう。
エアダクトホースも同じように振動しますから、
タイラップで一緒に固定します。
そうする事でフレッシュな空気をより近くで吸入することができるので、
振動の軽減と共に、”一石二鳥”というわけです。

わたしは”マジックテープタイプ”
タイラップを使用しています。

 

エンジンルーム内は高温になります!
耐熱仕様のこの製品なら問題ありません!

タイラップというモノはとても便利なのですが、
取り外しの際などは、切り取らないといけませんよね。
”マジックテープタイプ”だと使い回しができるので、
ゴミにもなりませんし、経済的でしょう。

配線を取りまとめたり多用途。
とにかく便利なのでおススメ!

エアクリーナーホース1956

後は赤○部分がしっかりと差し込んでいるか、確認すれば完成です。

ホース抜けなどでチェックランプの点灯もあります!
数分エンジンを始動して確認しましょう!

 

スポンサーリンク

まとめ

”パワフル””スポーティー”な走りを楽しみたいあなたなら、
「NMエンジニアリング Hi-Flow Induction Kit」が助けになるでしょう。

NMエンジニアリング21079

高速道路での加速なんかは、
”楽し過ぎるレベル”ですよ!

一般の公道ではなかなかその威力が発揮できないのは残念ですが、
「MINIのスポーティーな走り」をより一層楽しいものにしてくれます。

ボンネット内の”ドレスアップ”にも最高です

NM エアクリーナーサムネイル111

普段はあまり人の目に触れないエンジンルーム内ですが、
”隠れたドレスアップ”でオフ会、
みんなで集まった時などはボンネットを開ける機会もありますよね。

ブルーのホースにむき出しのエアクリーナーで!
カッコよくきまりますね!

※本来はエアクリーナー部分もブルーなのですが、
中古購入のため色あせています。

湿式エアクリーナーなので、
洗浄して長く仕様できるのも嬉しい!

”このご時世のため”?流通量は多くありません(2021年7月現在)

このご時世のせいでしょうか。
「NMエンジニアリング Hi-Flow Induction Kit」

新品、中古品ともにあまり流通していません

クルマ本体の流通にも影響してますからね。
パーツも同様に品薄な製品の様です!

中古品相場では、大体30,000円~程度のようです。(2021年7月現在)

品薄になれば価格が上がるのは”需要と供給”当然ですが、
適正価格での購入をおススメします。

”MINIの走りの楽しさ”UP!は間違い無いので!
良い時期、価格での購入を!

BMW MINI の良さは、その”走りの楽しさ”大きな要因になりますよね。
そちらもドンドン紹介していきますので。

それではまた次回!!

スポンサーリンク
カスタム・洗車
スポンサーリンク
ko-puddingをフォローする
おすすめ記事
コプリンブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました