MINI R56 簡単にできる!テールランプの外し方とバックランプ電源取り出し方法

カバー外す2121095869カスタム・洗車
スポンサーリンク
Pocket

テールランプを取り外して、バックモニターをリバース信号連動で!

こんにちは、コプリンです。

BMW MINIテールランプ取り換えは、非常に人気の高いカスタムですよね。
英国国旗を模した「ユニオンジャックテールランプ」は、もはや定番カスタムのひとつでしょう。
現行F系は勿論R系にも各世代ごとに対応製品が多く流通しています。

「ユニオンジャックテールランプ」、
お洒落ですよね!

また近年の車事情では安全装備の充実が進み
ドライブレコーダーバックモニターなどは標準装備されている事も多いでしょう。
しかしBMW MINI R系にはそもそもモニターが存在しませんし、
後付けするにしてもスペースの確保が難しいのが現状です。

”MINI R系”にも、
後付けバックモニターを!

後ろ角度39548

上記写真、実際にMINI R56に後付けで「ミラー型ドラレコ」を取り付けてみました。

【ルームミラー型ドライブレコーダー取り付けの記事】

JADO G810+ミラー型ドラレコ取り付け(バックカメラ付き)電源取り配線方法
BMW MINI にJADO ミラー型ドライブレコーダーG810を取り付けを徹底解説します。この記事を読めばあなたにもきっとできますよ! MINIに限らず、ハッチバック車には特に参考になります。 低価格、高機能ドライブレコーダーを導入してみて下さい。

MINIの後方視界は大幅に改善!
リバース連動で、駐車も楽になりましたよ!

”カスタム”に、”安全装備面”にもテールランプの取り外しは需要がありますよね。
安全装備をカバーするために
”バックランプ電源の取り出し”
まで
手順をまとめてみました。

まずは、”ラゲッジスペース横”からのアクセス、
に挑戦してみて下さい!

テールランプ電源配線へのアクセスにおススメ! ラゲッジスペースからのアクセスや、内装をはがすより簡単です!

総合メリットデメリット
ラゲッジスペース横内装を一枚剥がすだけでアクセスできるスペースが狭く、カプラーの抜き差しが非常に困難
内装をはがす×非常に大きな作業スペースを確保できる内装を多く取り外す為、手間がかかる
テールランプ取り外し作業スペース、取り外し共に容易養生、手順を踏めば最適なアクセス方法

ドラレコサムネイル68499905867

ラゲッジスペース横(後輪の上部付近)に、
”小さな窓の様な”テールランプ電源へのアクセスポイントがあるのですが、

非常に狭く、作業するには困難です!

内装を一枚取り外すだけ(作業時間数秒)なので、
1度試しにテールランプ電源のカプラー外し”に挑戦してみて下さい
カプラーを取り出せたならテールランプを取り外す必要はないので、
(目次 3)まで読み飛ばして下さいね。

カプラー外しに苦戦したアナタは!
おススメの”テールランプの取り外し”から始めましょう!

テールランプ交換や球切れ補修にも必須!テールランプ取り外し方法 ”2つのポイント”をふまえて、よりスムーズに

テールランプの取り外しは簡単と言っても”コツ”はあります。

テールランプを取り外してみて、
大きなポイントは2つです。
是非参考にして下さい!

POINT 1 メッキフレームの取り外しは”内側から”

カバー外す0085769849

ドラレコサムネイル584978208

【メッキフレーム取り外し時の”コツ”】

メッキフレームツメで止まっているだけなのですが、
形状的に内側(テールランプ側からボディー側)から
内張り剝がしを使って取り外すのが”コツ”です。
上記写真①②の2箇所に力を加えるだけで取り外し可能
外側から取り外すとギシギシと嫌な音がしますし、簡単には外れません。
「メッキフレームは内側から外す」皆さんも是非参考にして下さい。
ボディー面に接触する可能性も低く、
キズをつける心配も軽減されるしね!

カバー外す5849993859

これがメッキフレーム内側、ツメの形状です!

写真でお分かりになるでしょうか。
外側からテールランプを囲うようにツメがありますよね。
「メッキフレームは内側から外す」理由はこのツメの形状にあります。

トルクスネジを取り外す T-20 3点留め

ドラレコサムネイル33284758847

写真赤○部分に、ビスが3本あります。

カバー外す2121095869
T-20トルクスドライバーで取り外します。

MINI ではおなじみのT-20サイズのビス、
ここは簡単に取り外しできます!

POINT 2 テールランプを引き抜くには、”裏側を押し上げる”

テールランプビスで固定されているので、
ここまでくれば簡単に取り外しできそうなのですが、

ここでも少し“コツ”がいります!

カバー外す937586785

テールランプを引き抜こうとしても、
写真赤→部分当たりがあって上手く抜けてくれません

ドラレコサムネイル0079212

【テールランプを引き抜く時の”コツ”】

上記写真のようにMINI のテールランプ本体(赤色)
ジョイント部分(グレー色)で構成されています。
写真赤○部分のジョイントのツメが邪魔をして取り出しが難しくなってしまうのです。
ここを押し上げてやれば簡単に取り外しはできるのですが、
方法は”以下写真付きで説明”します。
ドラレコサムネイル48378887
上でも触れた”ラゲッジスペース横の小窓”からテールランプ下部後方を押し上げます。
一般成人なら簡単に届く距離にあるので、手で探りながら押し上げましょう。
カバー外す4872098
イメージは赤→部分を押し上げて、
軽い力で充分取り外せます!
ドラレコサムネイル2084968

配線カプラーに気を付けて抜け取れば、テールランプ取り外し完了です。

ここまで出来れば、
テールランプ交換カスタムは可能ですね!

苦戦する方も多い”テールランプの取り外し”、上記2つのPOINT を参考に作業してみて下さい。
必ず作業性はあがるでしょう。

スポンサーリンク

バックランプから電源取り出し方法 リバース信号連動バックモニターで、運転が安全により楽しくなる!

クルマを楽しむには、”安全装備”も重要

カスタムに重要な、テールランプ取り外しはできましたね。
次は”安全装備”「バックモニター」を充実するべく、
バックランプ電源の取り出し分岐介入方法を解説していきます。

R系MINIにはおススメの、
ルームミラー型モニターでリバース連動!

【リバース非連動時】

ドラレコサムネイル3292

【リバース連動時】

バック下4384447

取り付け機種にもよりますが、多くのモニターは配線をリバース連動させることで
カメラの視点を設定できます。
ギアリバース時に”カメラ視点を下げる”ようにしてから駐車が非常に楽になりました
配線加工は少々手間になりますが、ギアチェンジでカメラ視点が自動で切り替わるので
とても便利なのです。

手順通りにやれば30分程度の作業、
快適な後方視界のためにおススメですよ!

バックカメラの配線取り込みは”Cピラー”から

ドラレコサムネイル444446652

電装系カスタムは、配線の取り回しが重要になりますよね。
バックカメラ配線をクルマ室内に取り込むには”天張り”から引き込むのがおススメです。
その時配線をテールランプ付近に降ろしてくる必要がありますね。

配線はCピラー内を通してね!
場所、クリアランス共に最適です!

ドラレコサムネイル74986787

カバーを、内張りはがしで外します。
細めの工具を隙間に差し込めば、簡単に外れるでしょう。

ドラレコサムネイル950673

上写真は取り外した後のものですが、
赤○部分上がT-20トルクスネジ下2つクリップで止まっています
ビスを外してから丁寧に引っ張って下さい

ドラレコサムネイル0950909480

Cピラー内側の下部に隙間がありますから、配線を下に落としましょう。

ドラレコサムネイル68499905867

ひと先ず、ラゲッジスペース内に配線を引き込んでおきます

後はカメラの配線を、
バックランプ配線に割り込ませる方法を!

バックランプ電源を見つける、”確実で安全な方法”です!

大まかな流れは、こんな感じです!

  1. テールランプのカプラーを外す
  2. イグニッション ON にする
  3. 検電テスターで通電の確認
  4. リバースギアに入れる
  5. 再度、検電テスターで通電の確認

簡易な作業工程、注意点などひとつずつ見て行きましょう。

テールランプのカプラーを外す

カバー外す7775847593

赤○部分突起を指で押さえながら引っ張って下さい。
力はいりませんので、丁寧に抜き取りましょう。

バックカメラ連動7495

配線が5本あります(仕様により差異あり)
コードの配列を意識して覚えておいてください。

イグニッション ON にする

バックカメラ連動584000978

エンジンはかけずイグニッションONにします
この時”ランプの警告灯”が表示されますがカプラーを差し戻せば消えるので安心です。
※稀に警告灯が消えない可能性もあるでしょう。自己責任での作業をお願します。

安全な作業のために!
エンジンは切った状態で作業します!

検電テスターで通電の確認

バックカメラ連動50002932

検電テスターを使って通電を確認しましょう。
この時点でわたしの場合は、どの配線にも通電はありませんでした。
※仕様により、差異はあります。

検電テスターの詳しい使い方は、
↓の記事を参考にして下さい!

【検電テスターの使用方法の参考記事】

MINIを美しく照らすLEDテープライト取り付け|ACC電源からシガーソケット増設
クルマの”間接照明”って大切ですよね。夜のドライブが一層楽しくなります。だれでも手軽に車内イルミネーションを楽しめる「LEDテープライト」。取り付け方法から配線取り回しまで、誰でもできる!様に詳しく解説してますよ。皆さんの参考になれば。

リバースギアにいれる

バックカメラ連動68574966

この時も、エンジンはかけません
イグニッションON状態で行って下さいね。

基盤の保護安全性を考えて”エンジンは止めて作業”しましょう。

再度、検電テスターで通電の確認

バックカメラ連動4837665438

リバースにいれる →バックランプの点灯

電流はバックランプに繋がるコードに流れるわけですから、
この状態でテスターが反応すればそれが”バックランプ電源の配線”になりますね。

バックカメラ連動997879583

コードが多く繋がっているカプラーには、番号がふってあります
コードの色が紛らわしい場合もあるので、配線の確認の目安にしましょう。

バックランプ電源の配線は1番の、
水色とグレーの染め分け配線でした!

※配線は、検電テスターを使っての通電確認を推奨します。

ドラレコサムネイル69489000

赤→のコードが、
バックランプ電源の配線と確認できました!

番号コードの色
1番水色とグレーの染め分け
スポンサーリンク

便利アイテムで簡単に!バックランプ電源に配線をつなげる方法

バックカメラ連動7495

バックランプ配線を見つけたらバックカメラ配線をつなげていきましょう。

バックカメラ連動119777859

配線をつなげるに適当な箇所を、ニッパーで切断(水色とグレーの染め分け)します。

しっかりとコードの色を確認して、
間違えないように切ります!

配線の分岐には様々な方法がありますが、
”簡単、便利で安全に”を目指して「エーモン分岐コネクター」を試してみました

これからもみなさんに、
便利グッズの紹介をしていきますね!

「エーモン カンタン分岐コネクター」で配線をつなげる

ドラレコサムネイル995848986

サイズ配線コネクターにしてはやや大きいでしょうか。
コードの固定感しっかりとしている様子で場所を選んで使用できそうです。

使用方法はとてもカンタンで、
配線を頑丈につないでくれそうです!

バックカメラ連動5867435

配線のゴムカバー10㎜程剝いて下さい。
※エーモン 分岐コネクター推奨

バックカメラ連動69784444

分岐コネクターカバーを外して下さい。

このカバーは硬く、
頑丈にコードを固定できそうですよ!

バックカメラ連動6859468

3つコードを差し込めるので、分岐していきましょう
コードの差込順序は特に決まりはなく”作業しやすい順番”でつないで下さい。
(水色とグレーのコード2本がバックランプ配線、赤色はバックカメラ配線)

コネクター内部の金属で、通電する仕組み!
配線順序は気にしなくて良いでしょう!

バックカメラ連動5484930

分岐コネクターを取り付けた時点で通電のチェックをしましょう

【配線の通電確認は小まめにチェック】

配線加工作業というもの、工程が増えるほどに不具合箇所の発見が難しくなります。
加工をしたのならその箇所で必ず確認するようにしましょう
数箇所にも及ぶ配線加工を施工して組付け後に不具合があれば、
不具合箇所の断定面倒になりますよね。
配線加工終了 → その度、通電チェック
効率の良い作業になりますよね。

カバー外す685375966

バックランプ等、
テールランプの点検も忘れずにね!

カバー外す583222958

テールランプ作動チェックで問題なければ
ビス止め(T-20)、メッキカバーを組付けて完成です。

スポンサーリンク

まとめ

今回はテールランプ取り外しと、バックランプ電源の配線について書きましたが、
ケーブルの延長などの作業も必要になってくるでしょう。

配線の簡単な加工方法、
工具の使い方を知りたい方へ!

【配線加工方法の手順、解説の記事】

BMW MINI 車内アース取りと配線加工方法|アースポイント増設で電源取りを簡単に
RMINIのオシャレなインテリアが好きで乗っているオーナーさんも多いと思います。しかしR型MINIには間接照明が少ないですよね。電飾系カスタムに強くなればもっとMINIを楽しめるかも。配線加工からアースポイント増設まで、詳しく解説しています。

電工ペンチを使っての端子造り接続方法まで解説していますので、
是非参考にして下さい。

配線加工方法や、便利グッズの紹介は今後も試してていきます

わたしも勉強しながら、
配線加工に挑戦しますね!

この記事では、「エーモン分岐コネクター」を使って配線の分岐を行いましたが、
様々な製品が販売されていますし、

どの製品が、
便利で適切なアイテムなのか?

色々試してみて、みなさんの参考になればと思っています。
今のところ「電工ペンチ」「検電テスター」は必須アイテムですね
作業の幅が広がるし、やってみれば実に簡単なので持っておいて損はありませんよ。

何といっても安価だし、
必要最低限のセットは嬉しいですね!

クルマのカスタムには、電装品は欠かせませんよね。
これからも記事にしていきますので。

それではまた次回!!

スポンサーリンク
カスタム・洗車
スポンサーリンク
ko-puddingをフォローする
おすすめ記事
コプリンブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました