BMW MINI R56 ATシフトノブの交換手順を詳しく解説|ドレスアップ方法も

淡い色シフトノブ221098カスタム・洗車
スポンサーリンク
Pocket

ATシフトノブを加工して、ステアリングと合わせたウッド調に

こんにちは、コプリンです。

BMW MINI インテリアドレスアップ第2弾は、
「AT シフトノブ」を装飾していきます。

今回も【サンゲツ リアテック カッティングシート】
を使って、ウッド調に仕上げていきます!

 

わたしにとってはもう、定番アイテムです!
何といっても素材感が素晴らしい!

早速カッティングシートを貼っていきたいのですが、
ATシフトノブは取り付け取り外し共に簡単ですので。

取り外して部屋で加工しましょう
球体形状なので、貼り付けは難しいですし..

ATシフトノブの取り外し方は、”力技”です

【ATシフトノブの取り外し方法】

  1. 先ずエンジンスタートして、シフトチェンジできる状態にします
  2. サイドブレーキは掛けたまま、ニュートラルに入れます
  3. センターコンソールにまたがる様にして、両手で力一杯引き抜きます
  4. 引き抜いた状態でシフトチェンジできるので、パーキングに入れてエンジン停止

写真付きで説明していきますね!

エンジンスタートして抜く331056

 先ずは普通にエンジンスタートして、シフトチェンジできる状態にします。

Nで向く76345

 シフトをニュートラルに入れます。レバーが中央にきて抜ける様になります

しっかりと引っ張るシフトノブ445213

 写真では片手ですが、センターコンソールまたがり踏ん張って力一杯引き上げます(固着にもよるのでしょうが、非常に固い場合があります)勢いあまってケガなどしない様に、気を付けて抜いて下さい。

上に引き上げるシフトノブ44356

抜いてしまえば芯が刺さっているだけなので、後は軽くパーツを痛めない様に抜き取ります。

パーキングにシフトノブ43209

 シフトノブを抜くと安全ロックが解除された状態なので、そのままシフトチェンジできます。クルマが動くと危険なので、パーキングにいれてエンジンを停止しましょう。

抜けた後シフトノブ55223

これでシフトノブを部屋に持ち帰り、
カッティングシートを貼っていきます!

シフトノブにカッティングシートを貼り付けるには、 カバーがあると簡単

純正シフトノブのレザーの上からカッティングシートを貼り付けるのは、
加工すれば可能ですがシフトノブをバラさないとうまく貼れません。

【やはりメッキパーツ部分のツメは脆く割れやすいのです】

シフトノブをバラしてカッティングシートを貼らないと、
うまく貼れないしカッティングシートの切れ目を隠す事ができません
ですから、シフトノブのメッキパーツ部分をこっじってバラしていくのですが、
前回記事【サイドブレーキグリップ加工】同様、
メッキパーツ部分のツメを割ってしまいました。

シフトノブ33967

シフトノブカバーを購入して、
カッティングシートを貼った方が無難でしょう!

 

そのままでもカーボン製189

 

スポーティーなカーボン調のカバー。
そのままでも充分にスタイリッシュ!

スポーティーなインテリアが好みのあなたなら、
そのまま使ってもイイ感じですね。

2分割のカバーを利用して、貼り方は2通り紹介します

難易度特徴と完成度
2枚貼り貼る面積、曲面がともに小さくなるので比較的容易2つのカバーを合わせる事になるので、継ぎ目ができる
1枚貼りほぼ球体に貼る事になるので、施工は難しいカバー継ぎ目のラインが少し気になるが、仕上がキレイ

あなたの好みの貼り方でやってみて下さい。
先ずは2分割のカバーごとに、”2枚貼り”から!

貼る面積と複雑な形状を減らす2枚貼りの方法

カーボン製カバーシフトノブ112

2つに分割して貼れば1度に貼る面積は少なくて済みますし、
”曲面形状”も減らす事が出来ます。

採寸、カットして貼っていくのですが、
”コツ”は大きめにカットしましょう!

球体曲面形状のパーツは思った以上に表面積が大きくなります。
軽く包み込むようにして採寸カットしましょう。

カバーシフトノブ切る110979

カバー内部には両面テープが施されています。
カッティングシート内側に巻き込んで貼り付けると安定しますから、
重なってしまう余分な両面テープは先にカットしておきます。

カッティングシート貼りには必須アイテム「ヒートガン」

ヒートガン紹介31022944

クルマの内装貼りに「ヒートガン」は必須です!
施工の手間と仕上がりを考えると、購入しましょう!

 

使えばわかる、コスパ最強ヒートガン!
お手頃価格ですし、クルマいじりには重宝しますよ!

【ヒートガンの使い方の”注意点”】

クルマいじりには非常に便利な「ヒートガン」
樹脂パーツの加工カッティングシート施工には欠かせません。
1台持っておいて損はしないでしょう。おススメの商品です。
“使い方の注意点”は、「伸ばし過ぎない」
矛盾するようですがカッティングシートを伸ばした部分は時間の経過と共に、
元に戻る性質があります。施工直後にはキレイに貼れていても、
数日経つとしわができていることがありました
材質にもよるのでしょうが、”伸ばす限界点”を把握しておく事がポイントです。
ヒートガン引っ張るシフトノブ1123

後はヒートガンを使って温めながら、
手で引っ張ってしわにならないように貼っていきます。

ゆっくりと時間をかけてね!
熱し過ぎると破れる事もありますから!

貼っていくシフトノブ1143

曲面の凸部分から外側に向けて、伸ばしながら貼っていきます。

カバーの外側(後で切り取る部分)
にしわを集めていくイメージで!

カバーシフトノブ00569

パーツ合わせ目のクリアランスを確認しながら、
カットして内側に巻き込みながらしっかりと圧着しましょう。

カバーシフトノブ1143

完成品です!
想像以上にキレイに貼れした!

しわは少し残りますが、内側など目立たない部分に集めましょう

うん..リアリティーを求めると、
やはり光沢が足りない気が..

前回記事同様に、光沢剤を塗って行きます

 

【光沢剤レザーフィックスの塗り方の記事】

MINIのサイドブレーキグリップをウッド調に!光沢剤使用でまるで本物のツヤ感
BMW MINI 内装ウッド、レザー調カスタムDIY第一弾です。まずはウッド調をリアルにするコツ。【サンゲツ リアテック 粘着フィルム】 に【SEIWA 光沢レザーフィックス】で光沢を出すのがコツです。 サイドブレーキグリップを加工しました。

ウッド調インテリアシフトノブ113

2枚貼りはこれで完成です!
なかなかの出来栄えかと!

気になるシフトノブ39039

しかし”2枚貼り”だと、
どうしてもカバーの合わせ目が目立ってしまいます

 

リアリティーを求めるなら、1枚貼りに挑戦!

明るい色シフトノブ310978

曲面貼る面積も大きくなるので難易度は上がりますが、
上記写真の”カバーの合わせ目”がどうしても気になったので
1枚貼りに挑戦します

合わせ目が目立つと後付け感が..
カッティングシートの色も変えてみました!

カバーの合わせ目を隠したいので、
最初からシフトノブにカバーを装着して貼り付けて行きます。

後からハサミやカッターで切り取るので、
しっかりと養生テープを貼ります!

1枚巻きシフトノブ421098

1枚貼りだと余計に表面積が増えますし、形状も複雑になりますよね。
やはり大きめにカットします。

ヒートガンシフトノブ11098

後は同じ要領で、ヒートガンで温めては伸ばすを繰り返します

難易度はかなりUPします!
ゆっくりと丁寧にはりましょう!

しわ寄せカットシフトノブ5459

シフトノブプッシュボタン方向に、しわを集める様に貼っていきましょう。

貼る前に”しわの逃がし場所”を決めておく!
やはりイメージが大切ですよ!

カッターシフトノブ411100

シフトノブにキズがつかないよう、カッターで切り取ります。
この時に、数ミリ余裕を残してカットしましょう。

ピンセットシフトノブ433069

”数ミリ”余裕を残した分を、
ピンセットカバーとシフトノブの間に押し込んでいきます。

少しでも粘着性を高めるためです!
クリアランスが取れる場所なら裏側まで貼り付ける!

背中合わせシフトノブ443089

背面から見た写真ですが、カバーの合わせ目目立たなくなりました

ほぼ完成シフトノブ13098

後は光沢剤を塗れば、完成です!
白木調も明るい雰囲気で良し!

 

スポンサーリンク

まとめ

背中合わせ32109

シフトノブがウッディーだと、
ステアリングとのフィッティングも良好です!

貼り方やカッティングシートの、好みに合わせて選んで下さいね。

施工時間 ≒ 仕上がり具合 になりますから、
ライフスタイルに合わせたDIYで楽しみましょう!

今記事の主役は..やはり「ヒートガン」でしょう

球体形状曲面が多い部分にカッティングシートを貼るには、
どうしても必要になってきます。

必要な道具を便利に使いましょう!
施工時間、施工性が格段に向上しますから!

今後の記事でも使っていますので、
使用方法注意点は覚えておいてくださいね。

BMW MINI 内装カスタムシリーズはまだまだ続きます

ひとつのパーツ箇所を細かく詳細説明しますので、
細分化して記事にしていきたいと思っています。

太く、濃い記事をあなたにお届けしますからね!

それでは、また次回!!

スポンサーリンク
カスタム・洗車
スポンサーリンク
ko-puddingをフォローする
おすすめ記事
コプリンブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました