MINI スマホホルダーの真決定版!スタイリッシュなステンレス製です

ホルダー完成54ガジェット・雑誌
スポンサーリンク
Pocket

ひと味違う差がある!ステンレス製ステーでクラシック風に

こんにちは、コプリンです。

過去記事でも触れている

【BMW MINI R系 スマホホルダー問題】の真決定版です!

オリジナリティある仕上がりの、自信作を紹介しますから!
ひと味違う”世界に1台だけ”の愛車づくりの参考にしてください。

カスタムショップで購入のタコメーターステーです!

名古屋市にあるMINIカスタムショップさんから、ネット購入しました。
SOUWA × BMW MINI FACTORY

ステー71

キラキラと輝くステンレス製です。
クロムメッキパーツの多いMINIの内装に、違和感なく装備できました。

以前紹介した商品はこちらです。好みが分かれると思うので、比較して下さい。

タコメーター裏に取り付ける方法はほとんど一緒なので前記事を参考に。
※この記事の商品は2点止め、前記事の商品は3点止め

【タコメーター裏に取り付ける方法】

BMW MINI R56 あの車載スマホホルダーをカスタムする!
BMW MINI 第二世代以前のモデルのオーナーさんに朗報です。カーナビにお困りの方多いのではないでしょうか。もう、スマホカーナビ一択です!ネット販売で、一度は見たことある”スマホホルダー”をプチカスタムしました。便利で一味違う仕上がりです!

ひとつ大きな問題点があります。価格が高い!

カスタムショップで購入したのは、2点です。

※あくまで、わたしが購入した時の価格です。現在の価格と異なる場合があるので
上記ショップホームページを参照してください。

【NAVI STRUT】ベースストラット シングル R56   13,200円

ステー54

タコメーター裏に、取り付ける部分ですね。ステンレス製でしっかり造られています。
無骨なクラシック感が、ファッショナブル!
これだけではスマートフォンがハンドルに隠れてしまうので、アームも購入します。

【NAVI STRUT】ストラットアーム90 5,500円

ステンレスアーム21

こちらも、しっかりとした造りです。

アームの長さは、60mmと90mmがあります。わたしの様に、右出しにする場合は90mmをオススメします。長さを稼がないと、ハンドルに隠れて視認性が悪くなりますね。
【付属品】

付属品43

 

ビス×2.スペーサー×2.トルクスネジ×1.結束バンド×1
カスタムショップ商品で、量産品ではないので価格が高くなるのは仕方ないのですが…
わたしは、カッコイイので買っちゃいました!
好みの問題ですね!

 

スポンサーリンク

ステーとアームを組み立てます!

組み立てに必要な工具

  • プラスドライバー 2番
  • トルクスドライバー T20 ※タコメーター裏に取り付け時は、T30です。

BMW MINI には、トルクスネジが多く使われています。
持っていると便利ですよ。

簡単です。トルクスネジを閉めるだけ!

穴大56

アームが上にくるように、トルクスネジを合わせます。両方のパーツのRが、アーチ状に
なるようにセットします。
そうすると、後からトルクスネジを緩めて角度を調整できるので便利ですよ。

ネジ締め56

あとは、トルクスドライバーT20で締めるだけです。

とても簡単でした。

カートリッジは、やはり自動開閉充電式を取り付けよう!

上記している過去記事でも使った、自動開閉充電式のカートリッジが便利です。
ネット販売で、2,000円~3,000円程度から。デザインも様々、お気に入りの物を購入してくださいね。

わたしは、市販のカートリッジを分解して取り付け使用しています。くれぐれも自己責任で使用してください。

アーム先端の穴の大きさ
M3ネジ穴です。カートリッジ購入の際に参考にしましょう。

締めた後67

ネジ穴が合えば、かなりしっかり固定されます。もし穴が大きすぎても針金で固定したり、接着剤など工夫できますよ。

【針金で固定する時の記事】

製品を並べて比較しました!

同じ長さ34

※写真では、わかり難い部分があります。

写真上の”カスタムショップ購入”の製品 特徴

  • ステンレス製で、MINI のインテリアに良く似合う
  • 無骨で、骨太なパーツはクラシックなデザイン
  • 価格が高価
  • 安定性抜群、高速走行でもほとんど揺れない

写真下の”おなじみネット販売”の製品 特徴

  • 薄い合金製、よく見るとチープだが違和感はない
  • 写真以上に、ロゴの塗装が雑
  • 価格が安価
  • やや不安定、高速走行でショックがあると画面が傾くことがある

費用対効果を考えると、五分五分の接戦です。
しかし!
オリジナリティーを追い求めると、“カスタムショップで購入”の商品の勝利でしょう!

 

スポンサーリンク

まとめ

外からステー45

外から見ると、こんな感じ!

”骨太なクラシック感”がいい感じです。
なにより、“世界に1台だけの車”を演出するにはもってこいの製品ですね。

とは言え、高価な製品ですから…

好みで、自分流にカスタムもできる!

カスタムには、お金と時間、技術もいります。

自分でできる事と、ショップにしかできない事!

すみ分けてみては。
わたしは無茶はしないで、自分流にアレンジしています。
少しずつ挑戦していけば、技術も上達するもんですから。

では、また次回!!

スポンサーリンク
ガジェット・雑誌
スポンサーリンク
ko-puddingをフォローする
おすすめ記事
コプリンブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました